ブログシリーズ – JavaScript ボタンから Lightning への移行

Classic環境でよく利用されている「Javascriptボタン」ですが、Lightning Experience上ではこのJavascriptボタンは利用できず、また今後もサポートの予定もありません。 ですがサポートをしないのには明確な理由があり、そしてLightning Experienceではより魅力的な代替案のソリューションを提供しています。少し前の記事ですが、このJavaScriptボタンの移行をご理解頂くためのシリーズ物のブログが 米国の開発者ブログに投稿 されていいたので、翻訳致しました。 これから本格的にLightning Experienceへ移行される方は、ぜひお読みください。 皆様には JavaScript ボタンを気に入っていただき、長きにわたって Salesforce Classic でご利用いただいてきたかと思います。実際、JavaScript ボタンの機能が ... 続きを読む

アプリケーション開発をモダンに変える Salesforce DX

2017年7月20日に開催された、"アプリケーション開発をモダンに変える Salesforce DX" オンデマンド版を公開しました。セッション資料&動画をこちらからご覧いただけます。セミナー時 QA Q: バージョン管理ですが、ソースコードだけでなくメタ情報(オブジェクトなど)も管理できるのでしょうか? A: はい。オブジェクトやフィールド、アプリやタブ、プロセス定義などの情報もメタデータとしてXMLで管理されるので、バージョン管理が可能です。 Q: シェルスクリプトなので自動化する場合、Salesforceへのログインなどの認証はどうするのでしょうか A: SFDXコマンドは初回の認証を行うと、Salesforceへのアクセストークンやリフレッシュトークンを保持します。そのため認証を何かしら(Webによるログイン、JWTなど)済ませておけば、それ以降は認証情報を入力しておく必要はありま ... 続きを読む

TrailheaDX 参加まとめレポート (遠藤さん分)

本ブログ記事は、"Trailhead Superbadgeを獲得してTrailheaDXに参加しよう" キャンペーンにて当選された株式会社ユー・エス・エル 遠藤 加奈子さんによる記事です。 -----2017年6月28〜29日の2日間にかけてサンフランシスコのMoscone Center Westで行われた、Salesforce開発者向けカンファレンス "TrailheaDX"に参加しました。 今回は2日間のイベントを通して特に印象に残ったことを3つあげたいと思います。 1. 意気込み 参加者のやってやる!と言う意気込みを強く感じました。セッションの座席が時間前に埋まってしまっても床に座って聞く、床のスペースもなくなってしまったらセッションのエリアの外の通路に立ったまま聞くという熱意に感化され、私ももっと頑張らなければと感じました。 また、Mini Hack やハンズオンも常に席が埋まって ... 続きを読む

TrailheaDX 参加まとめレポート (小泉さん分)

本ブログ記事は、"Trailhead Superbadgeを獲得してTrailheaDXに参加しよう" キャンペーンにて当選された株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント 小泉 剛さんによる記事です。 -----サンフランシスコで開催された、TrailheaDX2017の雰囲気を写真を中心に紹介します。6/28-28の2日間に渡り130以上のセッションが用意されており、充実した2日間でした。 受付この壁全体のイラストが継ぎ目なく1枚のシートでできあがっているそうでした。細部にこだわりを感じます。イベントの受付は前日から行われていて、当日の朝、混雑しないよう工夫がされています。 会場の様子入り口では、Salesforceのキャラクター アストロ、コーディー、アインシュタイン、クラウディがお出迎えです。 会場内に、なんと滝が! セッションは、主にオープンシアターで実施されていました。 ワー ... 続きを読む

TrailheaDX 2017 レポート Vol. 2 (遠藤さん)

本ブログ記事は、"Trailhead Superbadgeを獲得してTrailheaDXに参加しよう" キャンペーンにて当選された株式会社ユー・エス・エル 遠藤 加奈子さんによる記事です。-----初回のエントリーでは基調講演や会場全体の雰囲気をレポートしましたが、今回は参加したセッションの中で、印象に残ったものをご紹介したいと思います。 Einstein APIs with Golang and Scala TrailheaDX会場内にはオープンシアターが大小7つ近くありましたが、そのうちの一つでやっていたEinstein関連のセッションが興味深かったのでご紹介します。 GO言語やScala言語といったあまり普段Salesforce中心の開発では利用しない言語の話題があるのも開発者向けのイベントらしいなと思いました。 データセットとモデル、トレーニングの関係や、 Modelは一度作ると変 ... 続きを読む