Development as a Service(クラウドコンピューティング開発者向けツール) 発表!

1月17日、セールスフォース・ドットコムが今年世界各地で開催する開発者向けイベント ”Tour de Force が米国サンフランシスコで開幕しました。このイベントにあわせて発表された開発者向けツールやサービスなどをご紹介していきます。 まずご注目いただきたいのが、Development as a Serviceです。これは、開発サイクルのすべてをクラウド上で行うことを可能にする、下記のツールとサービスを総称しています。 Force.com Metadata API : これまで「設定」画面で行っていたカスタマイズを、コードの記述によって実行することが可能になりました。 Force.com IDE: Code editor, XML editor, ライブラリなどを備えた統合開発環境 Force.com Sandbox: 開発環境やテスト環境のためにサーバを準備する必要はありません。本番環 ... 続きを読む

EE組織でApex Codeを利用できるようになりました

EE(Enterprise Edition)の組織にてApex codeを標準(デフォルト設定/追加料金なし)で利用できるようになりました(EEのトライアル組織でも利用可能です)。 運用環境ではApex codeは実行のみ可能ですので、開発・テスト用として無償の Force.com Sandbox 環境の提供も開始しました。ただし、このSandbox環境は、以下の制限があります。   設定のみコピー(データはコピーされません)   容量制限 10MB ぜひご活用下さい。 ... 続きを読む