Force.com IDE が正式リリースされました

Force.comアプリケーションに開発・テスト・デプロイに対応したパワフルな統合開発環境であるForce.com IDEがついに正式リリースとなりました。developer.force.comのForce.com IDEのページから取得できます。 Winter '09の新しいメタデータのサポート includes 分析やトランスレーションワークベンチ、拡張されたカスタムオブジェクトの定義、Apexクラステンプレートなどなど メタデータコンポーネントディレクトリ Force.comプロジェクト上からメタデータのコンポーネントリストをみることができます。 プロジェクト構造の単純化 パッケージフォルダを削除し、メタデータコンポーネントがどのパッケージに属しているかに関わらず同期がより簡単になりました。 ドキュメントとユーザーアシスタント 40もの新しいトピック、状況に沿ったダイアログ、ウィザー ... 続きを読む

新しいDeveloper Edition組織

現在(Winter '09リリースの後に)Developer Editionアカウントを新規で作成すると、今までの組織といくつかの違いがあることに気がつくはずです。ログインの直後に新しいシンプルなタブ構成の新しいホームページが現れるようになっています。 (クリックすると拡大します) 新しいDE組織は以下様に設定されています: まず画面右側にもある通り、Force.comという名前のアプリケーションをデフォルトアプリケーションにしてあります。このデフォルトアプリケーションはStart Hereタブをデフォルトタブに指定してあります。普段使い慣れている従来のセールスやマーケティングと言ったアプリケーションは、右上のドロップダウンを選択すればいつでも変更できます。 このホームページは私たちがダイナミックに内容を変更し、新しい情報を配信できるような作りになっています。そしてその仕組み自体も少し調べ ... 続きを読む

「Force.com Cookbook」 日本語訳 公開

英語版 developer.force.com サイトで公開してきた “Force.com Cookbook”の日本語版(PDF)ができました。 Force.com Cookbookにはオンデマンドアプリケーションを構築・改修するための「うまい」方法、パターン、解決策などの「レシピ」が満載されています。Visualforce、Apex、S コントロール、連携、データの検索、デバッグ、パッケージングなど広範囲にわたる内容をカバーし、salesforce.comの開発チームのエンジニアが提供する、Java, Ajax, Flex, Eclipseなどを使うためのコードも掲載しています。 PDF(ファイルサイズ:約22M)のダウンロードはこちらから。実習環境としてご利用いただける無償のDeveloper Editionアカウントをお持ちでない方は、ダウンロード画面に申込みボタンが表示されますので ... 続きを読む

Winter 09'のリリース真近です

一部の組織(na1,na6インスタンス)では既にリリースされていますが、27世代目となるWinter 09'のリリースが来週に迫っています。 お使いの組織のリリースがどの時間帯に行われるかは、trust.salesforce.comで確認することができます。http://trust.salesforce.com/trust/status/#maint Winter 09'ではVisualforceのパッケージングをはじめとした、よりForce.comプラットフォームのパワーを最大限に生かす機能強化が多数行われています。またWinter 09'リリース後にDeveloper Editionにサインアップ頂くと、コンテンツやPRM、カスタマーポータルといった機能に加え、Platformライセンスの追加など、様々なアップグレードが行われる予定となっております。詳しくは以下のページをご覧下さい。h ... 続きを読む