SOQLクエリのパフォーマンスチューニング

最初に確認すべきポイント まず最初に確認すべきポイントは、SOQLクエリの検索条件です。 SOQLクエリの検索条件にインデックス化された項目が含まれているかどうかを確認してください。 [Select Field1__c, Field2__c, Field3__c From CustomObject__c Where Field1__c = :value] 上記の場合、データベースにて Field1__c のインデックスが作成されている必要があります。 インデックスの作成 データベース内部で項目のインデックスを作成させるには、項目の編集画面にて「外部 ID」チェックボックスをONにします。 ※カスタム項目の編集画面 「外部ID」項目はUpsert処理のキーに利用する項目ですが、「外部ID」に指定された項目はデータベース内部でインデックスが作成されるので、パフォーマンスチューニングのためにこの ... 続きを読む

Cloudforce 2010 Japan 登録受付中です

セールスフォース・ドットコムの年間最大イベント「Cloudforce」が開催されます。今年は10月5,6日と2日間をかけて、より多くの情報をお伝えする予定です。開発者向けのDeveloper Sessionは2トラック6セッションありますので、皆様ご興味のあるセッションがありましたら奮ってご参加下さい!! Cloudforce 2010 Japan 参加登録!! お勧めセッション ※ D-3 以外のセッションは全ては10月6日(水)開催です。 初級開発者向け - Force.comプラットフォームの概要から、コーディングレスでアプリケーションを作成できる環境についてご説明するセッションはこちらです。D-3 「Force.comを使って開発をはじめてみよう 」 H-4 「Force.comとChatterで簡単に作るソーシャルアプリケーション」 中、上級開発者向け - 以下のセッションでは、 ... 続きを読む

Winter '11の新機能情報

Salesforce.comの次期リリース、Winter '11の新機能に関して、こちらのページで公開されています。ChatterのコンポーネントがVisualforceページに追加されたり、いろいろな機能が追加されていますが、開発者にとって注目の新機能は「System Log Console」。こちらの機能を利用すると、従来のフラットなログからより詳しいApexの動作状況を参照できるようになります。たとえば、呼び出し階層を見てみたり、どのメソッドに多くの実行時間がかかっているか参照できたりします。Apexコードを書かれる方以外はあまり関係ないかもしれませんが、開発者にとってはとてもうれしい機能だと思います! ... 続きを読む

Force.comプラットフォームのトランザクション制御

開発の現場から良く出る質問にトランザクション制御関連が多いのでまとめてみました。 トランザクションスコープ 基本的に、Apexコードの呼び出しから終了までのすべての処理は1つのトランザクションにつながって実行されます。処理開始とともにトランザクションが開始され、処理終了時にコミットされます。コード中での明示的なBegin/Commitはありません。実行時例外が投げられるとトランザクションはロールバックされます。これはJavaEEの宣言的トランザクション仕様のRequired属性に似た動作と言えます。 Visualforce Controllerの場合は、Webクライアントからのリクエストを受けてからレスポンスを返すまでが1トランザクションとなります。Apexトリガの場合はトリガの起動から終了までが1トランザクションです。トリガ内で発行されたDMLによって起動したトリガもすべて同一トランザク ... 続きを読む

VMforceのWebinar

来週の木曜日 9/9に「Cloud Computing for Java Developers」というタイトルで、Java Developer向けのVMforceのWebinarが開催されます。こちらは、日本時間の夜10時からなので、日本からも参加しやすい時間です。Java Developerの皆さんにもぜひVMforceを知っていただきたいと思いますので、積極的なご参加、お待ちしています!申込は、こちらのページからお願いします。 このWebinarは2回シリーズなのですが、第一回は先週の木曜ににすでに開催されています。こちらは、「Spring for force.com Developers」というタイトルです。内容は、Springに関してforce.com Developer向けにご紹介するもの。Java Developerに方ですでにSpringを利用して開発をしている方には少々入門 ... 続きを読む