投稿者:Mitsuhiro Okamoto | 投稿日:2013年11月08日(金) 01:50

Mobilesdk

Dreamforceで行われる史上空前のHackathonイベント「 Salesforce $1 Million Hackaton」が話題となっていますが、Salesforce PlatformでCoolなモバイルアプリケーションを作成するためのMobile SDKの最新バージョン2.1がリリースされました。 iOSやAndroidネイティブのビジネスアプリケーションを作成する場合に必要なライブラリがツール揃っており、素早くアプケーションを開発できます。

最新バージョンには主に以下のような新機能の追加およびライブラリの更新がされています。

Push Notifications(パイロット)
接続アプリケーションにPush Notificationの登録と通知機能が追加されました。

 

File APIのサポート
Salesforceからファイルをダウンロード、アップロード及び共有するための RESTリクエストを構築するための便利なメソッドが追加されました。Two new sample apps: FileExplorer及びHybridFileExplorerの2つのサンプルアプリケーションには新機能のデモが含まれています。

 

ネットワークライブラリの改善
基盤となるネットワークライブラリはVolley(Android)およびMKNetworkKit(iOS)に更新されました。開発者はネットワークキューやリクエストのキャンセルなど、高度なコントロールが出来るようになりました。

 

SmartSyncのカスタムRESTエンドポイント
SmartSyncがApex RESTや他のREST APIをForce.RemoteOjbectから呼び出せるようになりました。

 

Android固有のアップデート

  • SQLCipherをv2.2.2にあっデートし、Android 4.3 (Jellybean)およびAndroid 4.4 (Kit Kat)をサポートしました。
  • "manifestmerger"属性によりMobile SDKライブラリプロジェクトのAndroidマニフェストファイルをマージ出来るようになりました。
  • "SalesforceSDKManager"内の"setPasscodeActivity()"メソッドを使用して、 "PasscodeActivity"をカスタマイズできるようになりました

 

iOS固有のアップデート

  • OAuthエラーをハンドリング出来るようになりました
  • opensslライブラリをv1.0.1eに更新し、旧バージョンのopensslのセキュリティ問題に対応しました

 

Nodeパッケージライブラリ

 

Source Code(on Github)

 

開発を始める際にはMobile SDK開発者ガイドをチェックする事をおすすめします

http://wiki.developerforce.com/page/JP:Mobile_SDK

元のエントリには、Mobile SDKチームはDreamforceのDeveloper Zone会場で皆様からの質問をお待ちしていますとの事です。

是非、CoolなMobileアプリを作成して Hackathonの勝者を目指しましょう!