Einstein Vistionを使った画像検索Lightningコンポーネント

Einstein Visionは、画像認識のパワーをアプリケーションにもたらすことを可能にします。 このブログ記事では、Einstein Visionを使用してDreamHouseサンプルアプリケーション に画像ベースの検索を追加する方法について説明します。 DreamHouseサンプルアプリケーションでは、物件の購入予定者は当然、物件の画像をみてそれが好みかどうかを判断することはできますが、その物件がどのようにカテゴリされているか(ビクトリア朝、コロニアル、ギリシャリバイバルなど)を知らないかもしれません。 この場合、実際の好みの建築様式に基づいて部兼を検索することが難しい場合があります。画像ベースの検索を使用することで、好きな物件の実際の写真に基づいて家を検索することができます。 DreamHouseサンプルアプリケーションで画像検索を設定および使用する方法について、このビデオをご覧く ... 続きを読む

Salesforce1 Lightning Fast Seminar開催 & 資料公開

Salesforce1 Lightning Fast Seminar 2015年5月12日に米国Salesforce.com本社より、Salesforce1 Platform及びAppExchangeの担当ディレクターであるJim Sinaiと、Lightning Componentの製品責任者であるSkip Saulsが来日し、「Salesforce1 Lightning Fast Seminar」を開催いたしました。ここではセッションの際に使用された資料をご紹介します。 Session1 : Lightning コンポーネントの概要 昨年のDreamforceでSalesforce1 Lightningが発表されて以来、日々進化し続けています。Salesforce開発者にはLightningによって新しいアプリケーション開発手法が提供されますが、Lightningの真の価値は開発フレー ... 続きを読む

Force.com SOQLベストプラクティス - WHERE句条件のNULL値や数式項目について

(原文:Force.com SOQL Best Practices: Nulls and Formula Fields) 大量データを扱うSOQLのベストプラクティスとして、WHERE句条件にNULL値や数式項目を使用することは、Winter’13リリース まで推奨されませんでした。しかしながら、今後新規SOQLの実装をする際、またはWinter’13リリース以前に実装された既存のSOQLに対するパフォーマンス改善やインプリの見直しを計画されている場合には、以下のNULL値および数式項目を使用したWHERE句条件に関する新たなベストプラクティスが役立つかもしれません。 数式項目に対するカスタムインデックス 数式項目は他の項目を参照したり、値や関数と使ったりすることで動的に値を計算して表示できるカスタム項目です。 他のタイプの項目(テキストや数値)をSOQLのWHERE句に使用できるように、 ... 続きを読む

System.runAs()を使う時の注意点

みなさんはApexテストコードを書く際にSystem.runAs()を使っていますか?System.runAs()を使うと、指定したユーザの権限でテストを実行でき、ユーザ権限別のテストを行うことができます。Developerforce Wikiの"Apexコードテストメソッドの概要" ページにも "runAs メソッドを使用して複数のユーザコンテキストでアプリケーションをテストする" とあり、System.runAs()を使って各種ユーザの権限をテストすることが推奨されています。 User u = new User(); u.Email = ...; u.FirstName = ...; u.LastName = ...; u.alias = ...; u.username = ...; u.profileid = ...; u.emailencodingkey = ...; u.lang ... 続きを読む